■ 4種混合ワクチン




2012年11月から4種混合ワクチンの接種が始まります。


11月より、3種混合(破傷風、ジフテリア、百日咳)ワクチンに、ポリオ不活化ワクチンを加えた、4種混合ワクチンの定期接種が始まります。


対象者 

三種混合(DPT)、不活化ポリオワクチンの対象者と同じです。


接種回数

初回接種3回と追加接種1回、合計4回です


・初回接種(3回)生後3か月から12か月に3回(20日以上の間隔をおく)

・追加接種(1回)初回接種から12か月から18か月後(少なくとも6か月以上後)に1回




接種場所

市内の4種混合ワクチン接種実施医療機関で、個別接種で実施します。予約が必要ですので、詳しくはそれぞれの医療機関の窓口にご確認ください。

4種混合ワクチン接種実施医療機関はこちらから→

なお、原則として4種混合ワクチン導入時点で3種混合ワクチン・ポリオワクチンのどちらも接種していない子供さんが対象になります。


注意

3種混合ワクチンとポリオワクチンのどちらかを既に接種している人は、4種混合の対象になりません。

3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンをそれぞれ別々に接種することになります。

ポリオ生ワクチンを経口摂取した回数や、3種混合を接種した回数によって、スケジュールが異なりますので、詳しくはかかりつけ医にご相談ください。


不活化ポリオワクチンは個別接種です。   

不活化ポリオワクチン接種実施医療機関はこちらから→