■ 泉州北部小児初期救急広域センターについて



小児科医師の不足などにより、小児救急医療体制の充実が全国的に大きな社会問題となっています。

 泉州地域も例外ではなく、小児救急患者数が毎年増加しています。

このため、泉州北部の5市1町(高石・和泉・泉大津・岸和田・貝塚市、忠岡町)が共同で、軽症の小児患者を専門に診療する泉州北部小児初期救急広域センターを設置することになりました。

 高石市医師会からも、会員が交代で出務し、運営に協力しています。


 土、日、祝日、子どもの急病の際、岸和田市まで受診していただかなければならないことになりますが、少ない小児科医のもとで、空白なく必要な救急診療を提供するためには、やむを得ないことと考えます。

 みなさまの御理解と御協力をお願いします。


 初期救急広域センターで対応しかねる場合は、二次救急病院と連携して対応します。

受診先を迷う場合は、まず当センターをご利用ください。


 また、急病でない場合には、できる限り、通常の診療時間帯に、かかりつけ医を受診していただくようお願いいたします。

救急診療は、あくまで、救急医療であり、長期の治療計画を持った診療はできないものとご了解下さい。


診察日・時間(カッコ内は受付時間)

◆土曜日

 a.. 準夜…17時半-23時(17時-22時)

◆日曜・祝日・年末年始(12月30日-1月4日)

 a.. 午前…9時半-12時半(9時-12時)

 b.. 午後…13時半-16時半(13時-16時)

 c.. 準夜…17時半-23時(17時-22時)

場所 岸和田市荒木町1丁目1-51(岸和田メディカルセンター、地図参照)

問合せ先 泉州北部小児初期救急広域センター(電話:072-443-5940)