■ 新型コロナワクチン スムーズな接種のために


接種券がお手元に届いているかたもあることでしょう。高石市でも、ようやく、

高齢者向けの新型コロナワクチン予防接種が始まります。


接種券には、新型コロナワクチンがどんなものか、どんな副反応があるのか、

解説が同封されています。どうぞ、パンフレットをしっかり読んでください。


どんなワクチンにも、必ず、一定の副反応があります。このたびの新型コロナワクチンだけでなく、おなじみのインフルエンザワクチンにも副反応はあるのです。


パンフレットを読んで、よくわからないことがあれば、厚生労働省のHPだけでなく


厚生労働省の新型コロナワクチンに関する専門相談窓口   0120-761-770

大阪府の新型コロナワクチンに関する専門相談窓口      0570-012-336

           聴覚障害のある方は  FAX 06-6641-0072        

高石市新型コロナワクチンコールセンター      072-275-5226


などの相談窓口があります。不安なことがあれば、聞いてみましょう。


ワクチンを接種するかどうか、決めるのは、あなた自身です。


mRNAワクチンを接種して、副反応が起きるのが心配だと考えるか

新型コロナに感染し重症になるのが心配だから、ワクチン接種をしたいと考えるか、


人それぞれだと思います。よく考えて決断してください。


ワクチンを接種すると決心がつけば、接種の申し込みをしてください。


予約の当日になって、熱が出たり、体調が悪くなったりすることは誰にでもあることです。

残念ですが、その場合には、できるだけ早く連絡をしてください。わかっていれば、誰か、代わりに接種する人を探すことが出来ます。


ワクチンは、薄めるときにも振り混ぜることが出来ないほど、非常にデリケートなもので、溶解したら、

5時間ほどの間に接種できなければ、廃棄しなくてはならないのです。


廃棄しなくてはならないワクチンを減らし、一人でも多くの人に接種できるよう

ご協力をお願いいたします。

ワクチンが国からの配給であるため、ワクチンが届かなくて、予定通りに接種出来ないこともあるかもしれませんが、一日でも早く、できるだけたくさんの人に接種できるよう、医師会でも、精一杯務めてまいります。

皆さんのご協力をお願いいたします。