■ 忘れないで! あなたの健康管理


新型コロナウイルス感染を心配して、「病院に行くのが怖い」と

思っている方も多いのではないかと思います。


でも、忘れないでください。あなたの健康管理。

主人公はあなたです。


健康であれば、新型コロナを含め、感染症にはかかりにくく、

たとえかかったとしても軽症で済むことが多いのです。


持病のある高齢者は、新型コロナの場合重篤になることが多いといわれています。


持病があったとしても、

きちんと治療を継続して安定している人と、放置している人と

どちらが病気になりやすいか、かかった時に重くなりやすいか

考えるまでもないと思います。


血圧が高いのに、薬を飲まずに放置していたり、

糖尿病なのに、暴飲暴食して血糖が高いままで過ごしていたりすると、


コロナに限らず肺炎などの感染症がひどくなったり、

出血や血栓をおこしたりすることも考えられます。


必要な治療をきちんとして、持病があってもコントロールできている

有病息災で暮らしていきましょう。


うがい、手洗い、ソーシャルディスタンスに加えて、

日常の健康管理も忘れないでください。



新型コロナの流行のため、一時中断していた特定検診も再開されています。

きちんと体調をチェックして、これからの冬、風邪ひきのシーズンに備えましょう。



喫煙者は、新型コロナ感染で重症肺炎に進むことが多いようです。


それだけでなく

タバコは、喉頭がん、食道がん、肺がんと多くのがんの原因にもなります。


この機会にぜひ禁煙を考えてください。一人での禁煙が難しい方は、

禁煙外来受診をお勧めします。