■ 健康講座 「緑内障ってどんな病気?」のご案内 


高石市医師会共催で行われる公民館事業 

健康講座のお知らせです。


40代から要注意!

緑内障ってどんな病気?


~日本人の失明原因 第一位~


緑内障は、神経の障害がゆっくりと起こり、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。

初期には自覚症状がありません。視力障害が起こってきたころにはかなり進行しており、

回復は難しく日本人の失明の原因の第一位をしめています。

怖い病気ですが、緑内障による視力障害は

定期的な健診による「早期発見」と、「治療の継続」で防ぐことができます。

緑内障と予防について、わかりやすくお話しさせていただきます。


日時  平成27年11月7日(土)午後2時から3時半

場所  中央公民館

講師  高石市医師会 廣﨑 嘉紀 (ひろさき眼科 院長)

       日本眼科学会認定眼科専門医

対象  高石市内在住、在勤、在学の方

      一時保育あり(未就学児先着5名)

定員  30名(申し込み先着順)

費用  無料

申込み 10月16日(金)から中央公民館で受付(電話申込可)

問合せ 中央公民館(TEL 265-6422)

     ※月曜日の午後、火曜日、祝日は休館日です。




チラシはこちらから

健康講座_緑内障ってどんな病気?
.pdf
Download PDF • 388KB