■ 二種混合が個別接種になりました


二種混合が個別接種になりました


二種混合(ジブテリア、破傷風)は、三種混合の追加接種として小学校6年生の時に1回接種します。これまでは、市内の小学校で11月に集団接種で実施されてきましたが、H27年度からは、個別接種になります。小学校6年生になると、高石市から案内が届きます。個別接種になると、接種を忘れてしまいがちです。案内が届いたら、まだまだ時間があるとのんびりせずに早めに接種を受けましょう。

 破傷風は、破傷風菌がつくる毒素によりけいれんを起こす病気です。破傷風菌は土のなか、いたるところに存在し 傷口から体の内に侵入します。感染したところで増殖して毒素を産生するのです。3 ~21 日の潜伏期間のあとに口が明けにくい、飲み込みにくいなどの症状から、全身のけいれんに広がっていき、30%が死亡すると言われています。東北大震災のあと、大きなけがをして、破傷風にかかり、亡くなった方がありましたが、多くは予防接種を受けておらず、免疫を持っていない人だったのです。


ジブテリア、破傷風 個別接種実施医療機関はこちらから