■ コロナウィルスにかからないために 休む勇気を



コロナウィルスにかからないためにできること


うがい、手洗い、咳エチケット

でも、それより、大事なことが一つあります。

しっかりと休養をとること


朝起きたときに、なんだか、体がだるい、背中が重い感じがして、

体の節々が痛いような、、、

朝ご飯はほしくないし、なんだか、むかつくような気もする、


熱を測ってみたら、37度5分、、

インフルエンザというほどの熱ではないみたい。


こんな時あなたなら、どうしますか?


突然休むと、みんなに迷惑をかけるし、微熱だから、

とりあえず、仕事に行こう、(テストだし、学校にいこう、)

と考える人が多いのではないでしょうか?


でも、ちょっとまって!


その症状は、コロナウィルスの初期症状かもしれません。


コロナウィルスにかかった人のなかに、どこでうつったのか

感染経路が分からない人が増えてきています。


中国にいったことがなくても、

感染した人に接触したことがなく

電車、バスで通勤しているだけで、感染している可能性があります。


微熱で出勤して、万一、コロナウィルス感染であるとわかれば、

職場の全員が、ウィルス検査を受けたり、自宅待機になって、

業務が完全にストップしてしまうかもしれません。


微熱で、体調が悪いのに出勤して、

インフルエンザにかかってしまうかもしれません。


体調が悪いときには、無理をせずに、休養をとる

これが大切です。

気候の変動が激しいこの時期、誰でも体調を崩しやすいのです。

無理をせずに休む勇気が、あなた自身と家族、周囲の人々を守ります。、